『ブロークバックマウンテン』

Netflixで見つけて、『ブロークバックマウンテン』を久しぶりに見てみた。

原作が好きだと映画はあんまり…ということが多いけど、この映画は、原作と同じくらいかそれ以上に好きかもしれない。元が短編だから、小説の映画化みたいにぎゅうぎゅうにならなかったこともあるだろう。登場人物それぞれの気持ちがとても丁寧に描かれているし、映像もすごく綺麗で、ほんとうに良い映画だと思う。

この映画が公開された時、私はちょうどアメリカで学生をしていた。文学系の専攻だったので、クラスで公開中の映画について語り合う、みたいなことも結構あった。

そこで『ブロークバックマウンテン』が話題になった時、とても頭が切れていつも鋭い発言と素晴らしい感性の文章をクラスで発表するので私がすっかり憧れていたクラスメイトの女の子が言った。

「この作品は、ゲイであることについての作品じゃないわ」

当時『ブロークバックマウンテン』は、「ゲイのカウボーイについての映画」としてすごく話題を呼んでいたので、クラスメイトもあまり彼女の意見にピンときていないようだったし、私もいまいちよくわからなかった。男同士が愛し合って、男同士であることでつらい思いをするのだから、「ゲイであることについての映画」なのではないかなあ、と思っていた。

でも今回、久しぶりに見直してみて、彼女の言っていたことがわかったような気がした。

主人公の2人が男性であることはこの映画の根本だし、そういう意味で「ゲイであること」も確実にテーマに含まれている。でもそれ以上に、この作品は、自分からずっと目をそらし、愛おしさややさしさ、淋しさ、そういう柔らかく傷つきやすい気持ちを表す術を知らずに、大切なものをその手に握りしめるタイミングをいつも逃し続けて生きてきた一人の人間の物語なのだと思う。

常に自分の内側にあふれるものを押し殺して、飲み込んで、からだを強張らせてやり過ごそうとしているイニス。瞳はとても悲しそうなのに、言葉はすんなりと口から出てこない。見ているだけでもどかしくなるような、ヒース・レジャーの素晴らしい演技!

他の俳優陣も上手くて、それぞれのやるせなさがひしひしと伝わってくる。

見た後はすごく切ない気持ちになるのだけれど、美しくもあって、またきっと、忘れた頃に見てしまうんだろうなと思う。