人こそ宝

気がつけば、もう大晦日。
毎年毎年思うことだけれど、一年があっという間です。

前回の冬も、タイでローズマリーのクラニオの講座を受講していました。

ローズマリーを日本に招待する話、最初は、いつか呼べたらいいな~、という夢物語のような話だったのが何だかだんだんと妙に現実的になってきて、ある日、「もし日本に来るなら、ああでこうで…」と思いつきで話していた私に、ローズマリーがひと言、

「Are you serious about it?(本気なの?)」

え、まだ場所も何も、具体的なことは何ひとつ目途が立っていないけど…!と、頭は一瞬途方に暮れながら、口が反射的に”Yes!”と答えたのが、今年の1月のこと。

それからずっと、「何をほんとうに求めているの?」「それを実現するにはどうしたらいい?」と、常に問いかけられてきた一年間だった気がします。

迷ったりひいひい言いながら手探りで進んできて、やろうと思っていてできなかったこともたくさんあったけれど、クラニオ講座も何とか形になりそうだし、仕事もいろいろなひろがりを見せてきて、何だかんだで、一年前には考えていなかった場所にいるなあと思います。

そして、一年を一緒に過ごしてくれた人たちへの感謝は毎年尽きないのだけれど、今年は特に、人の有難さをすごく実感した年でした。

施術の仕事を本格的に始める時に、サイトやチラシの制作に力を貸してくれた友人たち。場所を快く提供してくれた恩人の方たち。施術を受けに来てくれたり、口コミで広めてくれた友人たち。時には家に呼んでもらってご飯をご馳走になって、施術しに行ったこっちが元気をもらったり。そして、大切な学びを惜しみなくシェアしてくれた、導いてくれた、尊敬する恩師たち(こちらが勝手に思っている方も含めて!)。

以前に働いていた会社、村式に毎月呼んでいただけることになったのも、私にとっては夢がひとつ叶った、本当に嬉しいことでした。

リフレクソロジーを初めて教える機会も、いただきました。

クラニオ講座の準備も同じように、本当にたくさんの人たちに手伝っていただいています。お金の計算が苦手な私のために予算の表を作成してくれた会計士の友人。素敵なチラシを作ってくれたデザイナーの友人。美味しいごはんを提供してくれるお店の皆さん。いろいろな形で周りに宣伝してくれたり、参加するよと言ってくれたり、マッサージベッドや必要なものを提供してくれる友人、知人たち。

仕事だけでなく、プライベートでも(最近は有り難いことに、公私の境がなくなってきているのだけど)、美味しいものを食べたり、美しいものを見たり、ぶつかったり、ぎくしゃくしたり、いろいろな話をしたり、ふざけ合ったり、たくさんの人たちがたくさんの時間を一緒に過ごしてくれました。その中で少しずつ自分がひらいて大きくなって、歩く道のりも定まってきた気がしています。

私がどんなにぐらぐらしていても思い悩んでいても、いつも変わらずに一緒に笑ってくれた大切な人たちには、どんなに救われたかわかりません。

感謝したい人が数えきれないほどで、アカデミー賞授賞式のスピーチみたいになってます。

でも本当に、人との出会い、つながりがなかったら、いま絶対にここにはいなかっただろうと断言できる一年でした。私の世界は、こんなにやさしさと愛に満ちていたんだなあと、しみじみとあたたかい気持ちになっています。

私は私のやるべきことをやっていくことで、少しでも、それを循環させていけたらと思います。

一年の終わりにと、大好きで尊敬するセラピストさんが送ってくれた曲。

一年を、どんな単位で測ろうか?
愛で測るのは、どうだろう?

愛を単位にして測ったら、私の2017年は結構いい線いっているのではないかしら。

ちなみにこの記事のタイトルは、高校のブラスバンドの恩師に座右の銘を聞いたら書いてくれた一言です。「人こそ宝」、ほんとうにそのとおり!

この一年、出会ってくれた皆さま、一緒に過ごしてくれた皆さま
心から、ありがとうございました!