おすすめ

遠隔セッションを始めます

93646441_10158364279411385_5585796884766654464_o

(日本語は英語のあとに続きます)

As it seems to be getting more and more difficult to share touch, I’ve decided to start offering long-distance sessions on donation basis for April and May (and maybe longer if there’s need). I’ve only shared the practice personally with friends and family so far, and it does seem possible. Of course, it’s not the same as an in-person session–physical warmth, breathing, pulse, eye contact, facial expressions, to name a few, are missing, and there is no real-time verbal facilitation. At the same time, sharing being through frequency over distance may be the next closest thing to an actual touch, even more so than connecting virtually. Maybe because without visual, audio, and verbal information, it’s easier for our brains to rest. I hope this will be useful as we go through this time of change.

Inquire by email.

ふれることも、同じ空間でそばにいることすら難しくなってきているいま。でも、だからこそ、ほっとゆるめる時間や、誰かとともにある感覚を感じる時間が必要な人が多いのではないかと思います。

どうしたらそれが届けられるだろう…と、考えて、とりあえず期間限定、ドネーション制で遠隔セッションを始めてみることにしました。

私自身も、外出せずに過ごしているとふれる感覚や誰かと一緒にいるという感覚が恋しくなることがあったので、ここしばらく、個人的にクラニオ仲間や友人たちと遠隔で施術ができるのかを試してみていました。

クラニオの施術の時は肉体的な様々な感覚以上に振動数をとおして「聴いて」いるので、物理的に距離があっても同じように「聴く」ことは可能なはずなのです。

やってみると、実際、施術者としても受け手としても、セッション中の感覚は実際にふれている時とほとんど変わらないか、体がない分ある意味より鋭敏に感じられるところもある印象。

もちろん、対面でのセッションとまったく同じではなく、体同士で近くにいる時に自然につたわるぬくもりや呼吸、拍動を実際に感じることはできないし、リアルタイムの会話を通してのファシリテーションもできません。目を合わせることも、表情で伝え合うこともできません。

でも、距離を超えて、ただ振動数をとおしてその人の存在に耳を澄ませることは、ある意味、バーチャルなコミュニケーションよりも親密な体験であるように感じています。
視覚や聴覚、言語の情報がない分、思考が間に入らないからかもしれません。

遠隔でも、施術の内容は対面と同じです。エネルギーを送ったり何かを治そうとするわけではなく、ただ起こっていることを「聴いて」ともにあることで、必要な変化が起こるおてつだいをします。

安心できる場所で自分の中で起こっていることを感じる時間を持つだけでも、意味があるかもしれません。

緊張や不安を感じていたり、いろいろなことを考えて頭が忙しくなっていたりする時に、少しでもほっとできる、体と心のつながりを思い出して自分のまんなかにもどってこられるような時間とスペースを提供できれば嬉しいです。

セッション時間は20分~30分ほど。
※もっと長いセッションをご希望の方は、また改めてご相談くださいね。

安心して外出したり対面で施術を受けられるようになるまでは、できるペースで続けていくつもりです。

お問い合わせはこちらまで。