おすすめ

遠隔セッションを始めます

93646441_10158364279411385_5585796884766654464_o

(日本語は英語のあとに続きます)

As it seems to be getting more and more difficult to share touch, I’ve decided to start offering long-distance sessions on donation basis for April and May (and maybe longer if there’s need). I’ve only shared the practice personally with friends and family so far, and it does seem possible. Of course, it’s not the same as an in-person session–physical warmth, breathing, pulse, eye contact, facial expressions, to name a few, are missing, and there is no real-time verbal facilitation. At the same time, sharing being through frequency over distance may be the next closest thing to an actual touch, even more so than connecting virtually. Maybe because without visual, audio, and verbal information, it’s easier for our brains to rest. I hope this will be useful as we go through this time of change.

Inquire by email.

ふれることも、同じ空間でそばにいることすら難しくなってきているいま。でも、だからこそ、ほっとゆるめる時間や、誰かとともにある感覚を感じる時間が必要な人が多いのではないかと思います。

どうしたらそれが届けられるだろう…と、考えて、とりあえず期間限定、ドネーション制で遠隔セッションを始めてみることにしました。

私自身も、外出せずに過ごしているとふれる感覚や誰かと一緒にいるという感覚が恋しくなることがあったので、ここしばらく、個人的にクラニオ仲間や友人たちと遠隔で施術ができるのかを試してみていました。

クラニオの施術の時は肉体的な様々な感覚以上に振動数をとおして「聴いて」いるので、物理的に距離があっても同じように「聴く」ことは可能なはずなのです。

やってみると、実際、施術者としても受け手としても、セッション中の感覚は実際にふれている時とほとんど変わらないか、体がない分ある意味より鋭敏に感じられるところもある印象。

もちろん、対面でのセッションとまったく同じではなく、体同士で近くにいる時に自然につたわるぬくもりや呼吸、拍動を実際に感じることはできないし、リアルタイムの会話を通してのファシリテーションもできません。目を合わせることも、表情で伝え合うこともできません。

でも、距離を超えて、ただ振動数をとおしてその人の存在に耳を澄ませることは、ある意味、バーチャルなコミュニケーションよりも親密な体験であるように感じています。
視覚や聴覚、言語の情報がない分、思考が間に入らないからかもしれません。

遠隔でも、施術の内容は対面と同じです。エネルギーを送ったり何かを治そうとするわけではなく、ただ起こっていることを「聴いて」ともにあることで、必要な変化が起こるおてつだいをします。

安心できる場所で自分の中で起こっていることを感じる時間を持つだけでも、意味があるかもしれません。

緊張や不安を感じていたり、いろいろなことを考えて頭が忙しくなっていたりする時に、少しでもほっとできる、体と心のつながりを思い出して自分のまんなかにもどってこられるような時間とスペースを提供できれば嬉しいです。

セッション時間は20分~30分ほど。
※もっと長いセッションをご希望の方は、また改めてご相談くださいね。

安心して外出したり対面で施術を受けられるようになるまでは、できるペースで続けていくつもりです。

お問い合わせはこちらまで。

11月前半、渋谷の施術可能日と諸々のお知らせ

75380084_932203080512028_7743866398790647808_o

秋晴れの気持ちのいい日ですね。
庭の柚子が実をつけ始めています。

11月前半の渋谷のお部屋の予定、の前に、2点お知らせです。

1.2020年から施術料金を改定します。
来年から、クラニオセイクラル・バイオダイナミクスの施術料金が10,000円になります。
料金設定についてはいろいろ考えるのですが、必要な人にとって敷居が高すぎず、価値に対しても妥協せず、仕事としても継続していけるラインが今のところこの金額かなあと。
当分は、これで固定していこうと思っています。

2.12月からしばらくタイに行きます。
12月頭から、1ヶ月半ほどタイに行く予定です。
先生のローズマリーとクラニオ仲間のところで、また学びを深めてきます。
昨年は行けなかったので、久しぶりのタイ、久しぶりの再会!楽しみです。

基本はチェンマイにいると思いますので、チェンマイでセッションを受けたい方はご連絡くださいね。

帰国は1月半ばになります。
現在の価格(90分9,000円)での施術をご希望の方は、11月中にお待ちしております。

11月前半、渋谷での施術が可能な日程は、以下の通りです。

1日(金) 13時以降
3日(日) 13時以降
4日(月) 13時以降
5日(火) 13時以降
9日(土) 13時以降
10日(日) 13時以降
11日(月) 13時以降(15時最終受付)
12日(火) 13時以降
14日(木) 13時以降
15日(金) 13時以降

18時以降の時間、
戸越公園もしくは小田急相模原の施術の場合は、ほかの日程でも受付可能です。
後半の予定も、お気軽にお問い合わせください。

8月のお部屋の予定など

67734756_10157584549831385_7893713091873996800_n

アメリカでクリエイティブライティングを勉強していた時の友人ふたりが日本にやってきて、一週間くらい一緒にいろんなところに行ったり、たくさんおしゃべりしたりして過ごしていました。
こんなに思い切り遊んだのは、久しぶり!
とっても良い充電になりました。

写真は、鎌倉で食べたなると屋さんのランチ。
やさしい味で美味しいのです。

友人たちは、それぞれ施術も受けてくれました。

私たちのいたプログラムはちょっと特殊だったので、一緒に勉強していた時も学問的な話だけでなく、書いている作品や言葉、それについて話し合うことを通して、お互いの内側の無防備なところにもふれあうようなところがありました。
特に私の場合は、外国で、外国語で書いていたので、手抜きをしたりきれいにおさめることができなくて、今思えば、いつも必死で自分の全部をさらけ出すような書き方をしていました。それを作品としてまっすぐに受け止めてもらえたことは、すごく大事な体験だったと思います。

その時間をともに過ごし、支えてくれた友人と、今度はタッチを通してともにいることができたのは、とても新鮮で特別な経験でした。

ふたりとも、セッションの後にはパッと表情があかるくなっていて、それを見たら心から、からだの仕事を始めてよかったなあ、と思いました。

テレサ、エレン、たくさんの楽しい時間をありがとう!

*  *  *

今日からまた通常運転。
8月、渋谷の空き状況は以下のとおりです。

3日 13時以降 ご予約いっぱいです
4日 13時以降
5日 13時以降
6日 13時以降 ご予約いっぱいです
7日 13時以降
11日 13時以降
12日 13時以降 ご予約いっぱいです
15日 13時以降 16時最終受付
16日 13時以降
17日 13時以降
18日 13時以降
20日 15時以降
25日 13時以降
27日 15時以降

18時以降の時間、または戸越公園での施術の場合は、ほかの日程でも受付可能です。
お気軽にお問い合わせください。

夏休みに一息つきたい方も、お待ちしています!

7月16日、Somatistaに参加します!

65515603_10157401615487812_1930364036050845696_n

しとしと雨が降り続く肌寒い夏ですが、みなさまお元気でしょうか。
7月の予定を掲載していないのですが、通常営業でやっております。
施術をご希望の方はお問い合わせください。

* * *

さて、7月16日!
尊敬するふたりのボディーワーカーたちと、小さなイベントを開催します。

ふれる、耳を澄ませる、踊る、声を出す。
体を使ったいろいろなワークをとおして、誰かと、そして何より自分とともにある感覚を感じてみよう、というイベントです。

私は、クラニオセイクラル・バイオダイナミクスのエッセンスである「聴くこと」の感覚を体感していただけるような場を提供する予定です。
施術のテクニックではなく、意識やあり方、ふれる時の感じをシェアしたいと思っています。
クラニオのセッションで、どんなことをやってるのかな?と思われる方も、ご参加お待ちしています。

イベント全部を通じて、セラピストやボディーワーカーでなくても、どなたでも大歓迎。
普段、あんまり体を意識したり、人とふれあう機会がない方にもぜひぜひご参加いただけたら嬉しいです。

お問い合わせ、お申し込みは、私に直接ご連絡いただくか、Facebookのイベントページよりどうぞ!

* * *

〈ファシリテーター・プロファイル〉

Shinさんも、Mikisも、経験も知識も豊富で、ひらかれた在り方をもった、ほんとうに素晴らしいボディーワーカーたちです。会いに来てね。

65821494_10157401615592812_27376727135092736_n

◉Shinnosuke Ide◉

音楽・身体表現に携わる仕事を通し、心と身体の関係性を学ぶ。
2011年、ボディワークスタジオ「nada」立ち上げ。
ピラティスインストラクター、オーラソーマ®プラクティショナーを経て2014年よりセラピストに。
“somatic=心と身体のつながり” に注目した “bodywork=トリートメントセッション” を実践しています。
長年にわたり選曲・DJ活動を続けており、ここ数年はCMや広告の撮影現場に音楽を持ち込み出演者の心の動く瞬間もサポートしています。

・米国EMBA認定 エサレン®マッサージ&ボディーワーク プラクティショナー
・タイ 文部省・厚生省認定スクール タイマッサージ講師
・ネパール Himalayan Singing Bowl Centre 認定 チベタンシンギングボウル セラピスト

65689665_10157401615557812_3011502283360829440_n

◉Mikis Taguchi◉

仙台市出身、八丈島在住。幼少期に先天性の病気で手術。4コ上の活発な兄の傍らで、大人しい少年期を過ごす。10代の頃は学校に馴染めず、空想にふけ、言いたいことを言うことのできない苦い経験をする中で、10代最後に行った初めての海外旅行のフランスでカルチャーショックを受け、帰国後は就職を断念。お金を貯めて旅に出ることを決意。海外の慣れない英語環境の中で、「触れること」で繋がり合える、ハートフルなコミュニケーションに気づき、1人でするヨガ、から2人でするヨガ(タイマッサージ)の世界へ。ボディワークを探索中、オステオパシーの影響を大いに受けながら、現在はコンタクトインプロヴィゼーションダンス(ナマケモノノダンスという名前で活動中)にはまり、自身の体験をシェアすることに喜びを感じている。

65842234_10157401615627812_4868273390529544192_n

◉Kana Sasayama◉

子どもの頃から人間への興味が深く、物語や書くことを通じて「人間であること」「生きること」について模索してきた。それが高じて、大学卒業後にアメリカでクリエイティブ・ライティングを学ぶ。帰国後、ウェブ制作会社での翻訳、ライターの仕事をする中で、思考だけでなく体や心を使って人とともにありたいという気持ちが高まり、チェンマイでボディーワークの勉強を始める。体を通してその人の存在そのものにふれるような施術をする素晴らしい先生方に恵まれ、タイ古式マッサージ、チネイザン(腹部マッサージ)、リフレクソロジー、クラニオセイクラル・バイオダイナミクスなど、学びを深める。

現在は、クラニオセイクラル・バイオダイナミクスの施術を中心に、翻訳(日英、英日)や書くことなど、言葉の仕事も続けている。
また、死をまっすぐに見つめられることは、生をめいっぱいに体験するためにとても大切なのではないかという思いから、集まった人たちが自由に死や喪失についての思いや体験をシェアするひらかれた場、「死について語る会」を半定期的に開催し始めたところ。

ふれること、言葉、あり方を通して、人が内に持つ自らの命の光を感じ、本来の自分にもどっていくきっかけを提供していくのがよろこび。

どうして、死について話すの?

どうして、わざわざ死について話したいの?
と、聞かれることがあります。

数年前に、死についてのインタビューを書こうと思って、いろいろな人に話を聞いていた時にも、それを見ていた人(インタビューを承諾してくれた人からは、不思議と聞かれなかった)から聞かれることがありました。

生きることをめいっぱいに経験しようとしたら、そこには必ず死があるし、誰かや何かをめいっぱいに愛そうとしたら、そこには必ず失うことが存在しているから。(だから、死を語ることは大事だと思う!)

みたいに、ちょっとかっこいい感じで答えてみることが多いのですが、もっといえば、ほんとうに単純に、死や喪失について話ができる、そういう場があるということが私にとって、とても大切で必要だからなのだと思います。

私は普段、ことさらに死のことだけを突き詰めて話しているわけではなく、友達や周りの人たちとは、庭に植えたトマトに実がついたとか、こんな面白い本を読んだとか、とか、あの人とあのレストランでこんなものを食べたよ、とか、冗談を言ったり、たいていは、他愛のないおしゃべりばかりです。

ただ、そういうおしゃべりの中で、誰かがふと、死のことや、何かや誰かを失うことについて話をしたいと思ったとき、それが自然にできるようであれたらいいなと思っています。

その時のその人にとっては、死や喪失が、庭のトマトが実をつけたのと同じくらい、日常で、身近なことかもしれないからです。

いま実際に、死や喪失を経験している最中かもしれないし、そうでなくても、心に引っかかっている何かや、言葉にしてみたい思いがあるのかもしれない。

それを飲みこまなくてはいけないと思わずに、ぽろっと口に出すことができる感じが、私たちの日々の暮らしの中にあったらいいなと思います。

私のクラニオの先生、ローズマリーは死生学のクラスも教えています。
クラスといっても、先生が何かを教えるというより、ディスカッションや体を使ったワーク(いつか、この会でもシェアしたいと思っています)が中心で、朝から夕方まで、いろいろな角度から死や喪失について語り、向き合って5日間を過ごします。

その5日間が終わった時にいたのは、前よりも少しだけ、死をこわがらなくなって、その分、生きることもこわくなくなった自分でした。

死や喪失だけでなく、誰かを愛することでも、いつかかなえたい夢でも、こわかったり、目をそむけたくなることについて、言葉にしてみたり、向き合ってみること、それを安全に誰かと分かち合えることは、心と体をやわらかくしてくれるように思います。

心と体がやわらかく、ひらけている、ということは、準備ができているということなのだと思います。自分がそのことに向き合う準備。誰かがそのことを体験している時に、自分を失うことなく、寄り添うための準備。

月に1回、数時間くらいでは、できることも限られているかもしれませんが、その場があることに意味があるのかなと思っています。誰かのためにというより、何よりたぶん、自分のために。もしかしたら少しずつでも、準備ができるように。「わざわざ」こんな風に集まって死を語ろう!という会を、細々とでも続けていこうと思っています。

09336AAB-290B-4C9F-82A7-A999A4471B9A

写真は、庭のししとうです。
雨のおかげで、実をつけました!

6月12日、ルンバルンバでクラニオのミニセッションをします

明日6月12日、代々木のカフェ、ルンバルンバでまたクラニオのミニセッションをしています。13時からおりますので、ご都合のよろしい方はお気軽にお立ち寄りください。

日時:6月12日(水)13時~18時(予定)
料金:宇宙料金(自由料金)
※ご自身が感じた、しっくりくる料金をお支払いください。

椅子に座った姿勢でなので、基本は上半身のみの施術です。

何か一品、ご注文をお願いします。(ドリンクもフードも、どれも美味しい!)

奥の席でコーヒーを飲みながらのんびり待機していますので、受けたい方はお気軽にお声がけください。

ミニセッションを始めることになった経緯、宇宙料金についてなどはこちらの記事をご覧ください。
代々木のルンバルンバで、クラニオのミニセッションをします!

初回のルンバルンバでの施術の様子はこちら。
ルンバルンバでのミニセッションday、終了しました

「どうしたって生きている私たちが、死について思いっきり語る会」第2回

veri-ivanova-27903-unsplash

死について気軽に気兼ねなく話せる場をつくりたいな、と、ずっと思っていたことが、信頼する友人の光翠さんのおかげで、ようやく実現することになりました。

今月、第2回を開催します!

光翠さんは実際に看護師として看取りに携わったり、個人的な活動においても、長年、生と死について実践的にかかわり、深く考えてきた人です。
宗教的なことや精神性についても、やっぱりたくさん学び、学ぶだけではなく実践している人。
伝えるべきことをたくさん持っている人だから、もっと多くの人に彼女と話す機会があったらいいなという気持ちもあるので、こういう場を持てることがとても嬉しいです。

生きること、死ぬこと、喪失について、精神性について、愛について、 私たちは会えばいつもいろんな話をします。
深刻になるわけでもなく、ほとんどはげらげら笑いながら、でも時には真剣に考えてしんみりしたり、美味しいお酒を飲んで酔っ払ったりもしながら。
その普段のおしゃべりの雰囲気もそのままに、みんなで一緒に、自由にお話しできたらと思っています。

死を思うことは、生を思うこと。

生きている限りかならずそこにある死について、気軽に、気兼ねなく、話をしてみませんか?

気軽になんてできないよー!と思うなら、
それでも大丈夫。
どんなふうに感じていても、大丈夫です。

泣いてもいいし、笑ってもいいし、
眠くなったら、寝てもいい。
今ここに生きている私たちのそのままで、
お話しましょう!

ゆるりと自由にお話する会ですが、前回同様、ワークもご用意しています。
何を話したらいいかわからないけれど興味がある、という方もお気軽にご参加お待ちしています。

【日時】 6月18日(火) 15時~17時半
※14時50分から入れます。
【場所】 ティッチャイ
東京都世田谷区代沢5-29-8
https://www.facebook.com/titchaisimokita/
【定員】 6名
【参加費】 2500円(1ドリンク付)

参加希望の方は、メールでご一報いただけると確実です。
お問い合わせもお気軽に!

メール:hirakucranio@gmail.com

【プロフィール】

●光翠(こうすい)
自宅でオイルトリートメントやトークセンのボディケア、時々はカフェで占星術を読んでいます。

自分が自分であることがずっと不思議だった幼少期。
大学卒業後どうやって死にたいか?という具体的な疑問になり、本腰いれて死について考え始めました。

看取りをしたくて取得した看護師資格を活用し、病院で働き始めました。
もう二度とお会いできない方、どこかで新しい日常を生きているご遺族、皆さまからそれぞれの生と死についてお話をたくさん伺いました。
プライバシーに配慮した範囲で見送ったケースのお話が多少できると思います。

また両親はすでに鬼籍にはいり、墓じまいについてもホットな現在。
お見送りその後の行く末にも興味を持って取り組んでいます。

いまこの瞬間、自分として普通に生きている皆さんと、生と死について思うことや皆さんの体験など自由にお話ができたらいいなと思っています。

お集まりの皆さまといろいろなお話ができるのを楽しみにしていますね。

●ささやまかな
普段はクラニオセイクラル・バイオダイナミクスの施術をメインに、時々、翻訳や書く仕事をしています。
死については子どもの頃からなぜかずっと関心があり、たくさん考えてきました。
2016年に、クラニオの先生、ローズマリーが教える死生学の講座を受講。
ふれること、言葉、あり方を通して、人が内に持つ自らの光を感じ、本来の自分にもどっていくきっかけを提供していくのが喜び。