アンマのこと

もう先月のことになるけれど、世界中の人をハグしてまわっているインドの聖人アンマに会いに渋谷に行ってきた。

初めてアンマのことを知ったのは8年くらい前、サンフランシスコに住んでいた時に一緒に働いていた友達が誘ってくれて、近郊の街の山の上まではるばる運転して会いに行った(星がとても綺麗だった!)。その時から数えて、会うのは今回で3回目、ハグをしてもらうのは2回目になる。

アンマに会ってとても印象深かったのが、彼女の笑顔が子どもみたいに無邪気でかわいかったことと、彼女の周りにまぶしいくらいに明るい感じが満ちていたことだ。何年も何年も、求めてくる人たちをただ抱きしめる、そういうことを続けていると人は光るんだなあと思った。

去年、ハグをしてもらった時には、耳元で「イトシイムスメ、イトシイムスメ」と囁かれた時に心臓がドゥルドゥルと震え出してびっくりしたのだけれど、今回はおなかのところが同じように震えたので面白かった。喜んでいるのか、何かいらないものを出しているのか、からだも反応しているんだと思う。

今回も、ぎゅっと胸に顔を押しつけられて、その迷いのない力強さに驚いた。

大人になると、こんな風に何の期待も照れもなく純粋に抱きしめてもらうことはあまりない。だからアンマのところには、たくさんの人が来るのだろう。

並んでいる人もたくさんいたし、そろそろ終わりかな、と遠慮して身を引こうとしたのだけれど、アンマは手を緩めずに、もうしばらく抱いてくれていた。それがとても嬉しくて、じんとした。

私が抱きしめている側だったら、相手の遠慮に遠慮して手を離してしまうと思う。それは、相手に嫌がられたくないという下心がどこかにあるからだ。

アンマみたいに、ただおそれずに愛を差し出せるように、誰かを抱きしめ続けることができるように、いつかなれるだろうか、なりたいなあと思った。

来年も行けたらいいな!

18671515_10155427486341385_8966893429560835903_o