「こころにやさしいタッチケア基礎講座」レベル1を受講してきました。

今月の初め、中川れい子さんが教える「こころにやさしいタッチケア基礎講座」のレベル1を受講してきました。

ふれるってどういうことなのか。
人が人にふれる時、何が起こっているのか。
誰かにふれようとするとき、私たちはどうあるのが良いのか。

理論面も実技も充実の、本当に学びの多い盛りだくさんの二日間。

理論をじっくり教えていただいたことで、自分自身の施術において今まで不明瞭だったこともクリアになったし、何をしているのか聞かれた時にこれまでよりもしっかりと説明するための言葉をいただいた、という感じがしました。

ボディーワーク的なことを学ぶのはまったく初めての方や、セラピストやボディーワーカーの仕事を長年している方、本当に様々なバックグラウンドの方たちとタッチを通して出会えたことは本当に得難い体験だったし、改めて自分にとっての「ふれること」「ふれられること」を見直す、素晴らしいきっかけになりました。

仕事として施術をするようになってからまだ5年経つか経たないかくらいだけれど、それでも知らず知らずのうちに、「仕事としてやっているんだから」と自分にかけていた制限を、ふっとはずしてもらったような感じ。

ボディワークを学び始めたきっかけは、疲れていたり体調を崩した家族や友人、同僚たち(そう、それから猫も!)に、ただ「さわりたい」と思ったからだった、と思い出しました。

気づきを持って、そのままの自分で、ハートから、ふれる。

技術や知識は後からついてくるもので、本当に大切なのは、そして私が本当にしたいことも、結局はそれなんだなあ。と、その気持ちに戻ってきたら、施術に対しても変に構えたところがなくなって、すっと肩の力を抜いて臨むことができるようになった気がします。

「家族や仲良しの友人には情が出てしまって、きちんとした施術をするのは難しい」と決め込んでいたのも、やーめた!で、タッチケア講座を受けてからは、情がわきそうな相手でも何でも、ふれたいなと思ったら素直に気軽にふれていて、それがとても心地よい感じです。

そう、もともと昔から、ただふれることが好きだったのです。
ふれることで人とともにありたいと思ったから、体の仕事をしようと思ったんだもの。

「仕事だから」と気負って向かう方向を見失う、という状態、書くことに対しても一時期あったのですが、ふれることにおいても、そうなりかけていたみたい。大切なものをとりもどさせてもらったなあと思います。

れい子さんのあたたかくて愛にあふれた佇まいからも、参加者のみなさんと文字通りハートでつながれた体験からも、得るものがとても多い、満ち足りた時間でした。

image_123986672

れい子さん、一緒に学んでくださったみなさま、本当にありがとうございました!