どうして、死について話すの?

どうして、わざわざ死について話したいの?
と、聞かれることがあります。

数年前に、死についてのインタビューを書こうと思って、いろいろな人に話を聞いていた時にも、それを見ていた人(インタビューを承諾してくれた人からは、不思議と聞かれなかった)から聞かれることがありました。

生きることをめいっぱいに経験しようとしたら、そこには必ず死があるし、誰かや何かをめいっぱいに愛そうとしたら、そこには必ず失うことが存在しているから。(だから、死を語ることは大事だと思う!)

みたいに、ちょっとかっこいい感じで答えてみることが多いのですが、もっといえば、ほんとうに単純に、死や喪失について話ができる、そういう場があるということが私にとって、とても大切で必要だからなのだと思います。

私は普段、ことさらに死のことだけを突き詰めて話しているわけではなく、友達や周りの人たちとは、庭に植えたトマトに実がついたとか、こんな面白い本を読んだとか、とか、あの人とあのレストランでこんなものを食べたよ、とか、冗談を言ったり、たいていは、他愛のないおしゃべりばかりです。

ただ、そういうおしゃべりの中で、誰かがふと、死のことや、何かや誰かを失うことについて話をしたいと思ったとき、それが自然にできるようであれたらいいなと思っています。

その時のその人にとっては、死や喪失が、庭のトマトが実をつけたのと同じくらい、日常で、身近なことかもしれないからです。

いま実際に、死や喪失を経験している最中かもしれないし、そうでなくても、心に引っかかっている何かや、言葉にしてみたい思いがあるのかもしれない。

それを飲みこまなくてはいけないと思わずに、ぽろっと口に出すことができる感じが、私たちの日々の暮らしの中にあったらいいなと思います。

私のクラニオの先生、ローズマリーは死生学のクラスも教えています。
クラスといっても、先生が何かを教えるというより、ディスカッションや体を使ったワーク(いつか、この会でもシェアしたいと思っています)が中心で、朝から夕方まで、いろいろな角度から死や喪失について語り、向き合って5日間を過ごします。

その5日間が終わった時にいたのは、前よりも少しだけ、死をこわがらなくなって、その分、生きることもこわくなくなった自分でした。

死や喪失だけでなく、誰かを愛することでも、いつかかなえたい夢でも、こわかったり、目をそむけたくなることについて、言葉にしてみたり、向き合ってみること、それを安全に誰かと分かち合えることは、心と体をやわらかくしてくれるように思います。

心と体がやわらかく、ひらけている、ということは、準備ができているということなのだと思います。自分がそのことに向き合う準備。誰かがそのことを体験している時に、自分を失うことなく、寄り添うための準備。

月に1回、数時間くらいでは、できることも限られているかもしれませんが、その場があることに意味があるのかなと思っています。誰かのためにというより、何よりたぶん、自分のために。もしかしたら少しずつでも、準備ができるように。「わざわざ」こんな風に集まって死を語ろう!という会を、細々とでも続けていこうと思っています。

09336AAB-290B-4C9F-82A7-A999A4471B9A

写真は、庭のししとうです。
雨のおかげで、実をつけました!

「死について思いっきり語る会 第1回」終了しました

少し時間が経ってしまいましたが、「どうしたって生きている私たちが、死について思いっきり語る会 第1回」、終了しました。

今回のメインテーマは、「自分自身の死」でした。
どんな風に死にたいか、弔われたいか。時には笑いながら、時には心をそっと寄り添わせながら、死についてじっくりと考えて語ったあっという間の2時間。分かち合っていたのは、生の喜びそのもののような気がします。

棺桶の話で盛り上がっていた絶妙なタイミングで誕生日のサービスのケーキが到着し(ルンバルンバの林さん、ありがとうございます!)、思いっ切り生を祝っていただくという、生死の混然とした感覚!

まさにこれが感じたかった!ので、とても嬉しかったです。

生きることと死ぬことは、ほんとうに、いつだって同時に起こっているのだと改めて実感した時間でした。

まっすぐにそのままにご自身をシェアし、あたたかいあの場をつくりだしてくださった参加者のみなさま、本当にありがとうございました!

「第1回」と銘打ったからには、第2回も開催予定。
細く長くゆるやかに、死を語り続けていきたいと思っています。

 

60272712_10157378456196385_5208118291347800064_n