「こころにやさしいタッチケア基礎講座」レベル1を受講してきました。

今月の初め、中川れい子さんが教える「こころにやさしいタッチケア基礎講座」のレベル1を受講してきました。

ふれるってどういうことなのか。
人が人にふれる時、何が起こっているのか。
誰かにふれようとするとき、私たちはどうあるのが良いのか。

理論面も実技も充実の、本当に学びの多い盛りだくさんの二日間。

理論をじっくり教えていただいたことで、自分自身の施術において今まで不明瞭だったこともクリアになったし、何をしているのか聞かれた時にこれまでよりもしっかりと説明するための言葉をいただいた、という感じがしました。

ボディーワーク的なことを学ぶのはまったく初めての方や、セラピストやボディーワーカーの仕事を長年している方、本当に様々なバックグラウンドの方たちとタッチを通して出会えたことは本当に得難い体験だったし、改めて自分にとっての「ふれること」「ふれられること」を見直す、素晴らしいきっかけになりました。

仕事として施術をするようになってからまだ5年経つか経たないかくらいだけれど、それでも知らず知らずのうちに、「仕事としてやっているんだから」と自分にかけていた制限を、ふっとはずしてもらったような感じ。

ボディワークを学び始めたきっかけは、疲れていたり体調を崩した家族や友人、同僚たち(そう、それから猫も!)に、ただ「さわりたい」と思ったからだった、と思い出しました。

気づきを持って、そのままの自分で、ハートから、ふれる。

技術や知識は後からついてくるもので、本当に大切なのは、そして私が本当にしたいことも、結局はそれなんだなあ。と、その気持ちに戻ってきたら、施術に対しても変に構えたところがなくなって、すっと肩の力を抜いて臨むことができるようになった気がします。

「家族や仲良しの友人には情が出てしまって、きちんとした施術をするのは難しい」と決め込んでいたのも、やーめた!で、タッチケア講座を受けてからは、情がわきそうな相手でも何でも、ふれたいなと思ったら素直に気軽にふれていて、それがとても心地よい感じです。

そう、もともと昔から、ただふれることが好きだったのです。
ふれることで人とともにありたいと思ったから、体の仕事をしようと思ったんだもの。

「仕事だから」と気負って向かう方向を見失う、という状態、書くことに対しても一時期あったのですが、ふれることにおいても、そうなりかけていたみたい。大切なものをとりもどさせてもらったなあと思います。

れい子さんのあたたかくて愛にあふれた佇まいからも、参加者のみなさんと文字通りハートでつながれた体験からも、得るものがとても多い、満ち足りた時間でした。

image_123986672

れい子さん、一緒に学んでくださったみなさま、本当にありがとうございました!

4 hands

クラニオの練習会。
3人だったので、急遽、4ハンズのセッションになりました。

4ハンズセッションは文字通り、1人のクライアントに対して2人のプラクティショナーが同時に触れていきます。ただし、「2人が別々に触れている」のではなく、「1つのユニットが4つの手で触れている」という意識で。

プラクティショナー同士のあり方の相性や、信頼感、コミュニケーションがとても重要になってきますが、うまくいくと、モノラル音声がサラウンド音声になるみたいに感覚が増幅されて、プラクティショナーにとっても受け手にとってもとてもパワフルなセッションになります。

うまくいかないと、かなりつらくもありますが!(経験済み)

今回、一緒にセッションしてくれた2人は、身体を使うことに長けていて、知識も経験も豊富なセラピストの先輩で、何よりその在り方がとても信頼できる人たちだったので、施術の時も、受け手としても、心から安心して委ねられて何とも気持ち良かったです。初めての4ハンズセッションでこんなに気持ちよくできるなんて、2人ともほんとうにすごいなあ!

私は身体感覚はかなり敏感だけどとらえ方は茫洋としているという面倒な感じで、自分でも何が起こっているのかはっきり認識、言語化できないことがよくあるのですが、2人とも知覚の精度が高く研ぎ澄まされていて、細かいところまで何が起こっているのか教えてくれるので、とっても勉強になりました。

人と一緒にワークをすると、自分の特性みたいなものも再確認できることが面白いです。技術、知識、あり方。勉強や経験で何とかなるかもしれないものも、もともと持っていたり持っていなかったりするものも、誰かの光を見て、素晴らしいなあ、すごいなあ、と、感嘆しながら、自分がどういう役割を担って、どこを磨いていくべきなのかを決めていく。

私は解剖学の知識がまだまだ足りないなあといつも思っているのですが、同時に、たとえこれからどんなに勉強を続けたとしても、肉体的に何が起こっているのかをMRIみたいに解読しちゃうような凄腕ボディーワーカーには決してなれないと思います。性質的に、大雑把すぎる。でも、肉体、非肉体的に何が起こってもジャッジメントを持たずに、その人が自分のペースでその人らしいあり方を顕すことができるように共にいることは割と得意なのではないかと思うし、からだを通してであれ、言葉を通してであれ、それが一番やっていきたいことなのだと思います。

とにもかくにも、まだまだ勉強することはたくさんあるし、まだまだ精度を上げられるなあと、実感しました。拓けた道はエンドレス。

私はラストのセッションで受け手にならせてもらったのですが、それまで一緒にワークをしていてすっかり馴染んでいたこともあり、2人に触れられて私の身体も大はしゃぎ。まあ、動く動く。そこにしっかりと寄り添ってもらって、ほんとうに贅沢な時間でした。

ありがとう!

45033161_10156906530781385_8267274143095848960_nどれが誰の手でしょう?

しっかり触れる

横浜で開催された、ローゼンメソッドの練習会に参加してきた。

ローゼンメソッドは、タッチ(触れること)を通してからだの緊張している部分や呼吸が滞っている部分にはたらきかけ、感情を解放する手助けをするというワーク。私は去年の10月に京都で開催されたワークショップで2日間だけ学ぶ機会があった。

久しぶりに体験するローゼンのタッチはとても親密に感じられて、触れる側になった時、最初はちょっとどぎまぎした。

そういえば京都でも、講師のジュディスに「もっとしっかり触れなさい」と指導してもらったなあと思い出した。

触れることでクライアントに自分を感じるためのスペースを与えるという面では、クラニオとローゼンはとても似ていると思う。でも実際の物理的な触れ方は、ローゼンの方がずっと深くて近い。クラニオはたいていは服や布の上からの軽い「5gのタッチ」だけれど(もっと強く触れることもあるけれど)、ローゼンは基本は肌と肌が触れ合うように、ぴったりと手をくっつける。

そのぴったりとした触れ方や、セッション中にクライアントの顔をしっかりと見る、目を合わせる、ということに、しばらく慣れなくて、そのことをジュディスに質問したら、「日本文化では目をじっと見ることは失礼だと思われることもあるし、ハグなどで触れることも少ない。だから、難しく感じるのもわかるわ」と言ってくれた。

確かに日本の文化にはそういう良くいえば奥ゆかしいところがあるし、特に今の時代は、しっかりと誰かの目を見るとか、愛情と共感を持って人に触れる機会が少なくなっているように思う。

大事な人と一緒にいてもスマホに目を落としていたり、かと思えば、満員電車や混みあった都会の街でからだは人と触れ合わざるを得ない状況で、心は閉ざしたりからっぽにしていたり。日常生活の中で、意識を持って見る、触れる、ということがしづらくなっている。

だからこそ、ドキッとしてしまうような、ローゼンのタッチやプラクティショナーの在り方の持つ特別な親密さは、今の社会を生きる人たちには必要なものなのだろうと思う。

ローゼンメソッド、日本で施術している方は少ないけれど、興味を持たれたらぜひ一度受けてみてほしい。

私はまだ勉強を始めたばかりでローゼンメソッドを練習していますとすらおこがましくていえないのだけれど、練習もどきに付き合っていただける方(まずはお友達で!)がいたら、とても嬉しいです。

P1350682